忍者ブログ

SUZUKI DJEBEL ジェベル125 通勤快速化計画 -ジェベ公といっしょ-

マニュアルバイクの練習用として5万円という安さで手に入ったスズキの125ccトレールバイク「DJEBEL=ジェベル」。人生初のMTバイクで慣れないシフト操作に悪戦苦闘しつつも無事に免許を取得!その後は「ジェベ公」と愛称をつけてメンテナンス、自分好みにカスタムしていった記録を綴ったブログです。

プチモディファイ「アルミ製ヘッドライトガードの塗装」その1

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 貯めたポイントを使って最安値でパーツを買うなら「楽天市場」■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

■ ■ ■ ■ ■ ↑ このバナーをクリックすれば別ウィンドウでバイク用品売り場へジャンプ出来ます ■ ■ ■ ■




×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




※ 当ブログの記事内容、及び 画像の無断使用と転載を禁じます。改造に伴う車体の故障、破損、人命に関わる事故や怪我などは全て自己責任でお願いします。改造によって車体売却時の査定額が下がっても当方では一切責任は持ちません。※



コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

プチモディファイ「アルミ製ヘッドライトガードの塗装」その1

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 貯めたポイントを使って最安値でパーツを買うなら「楽天市場」■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

■ ■ ■ ■ ■ ↑ このバナーをクリックすれば別ウィンドウでバイク用品売り場へジャンプ出来ます ■ ■ ■ ■




普通自動二輪免許を取るまでのジェベル125はあくまで「マニュアルバイク練習用」だったので、コケても気にしない・・・というか、とりあえず動いてくれさえすれば問題なかったので中古で入手した状態のまま、操作を覚えることで精一杯でした。

しかし免許を取得し、晴れて「祝★マニュアルバイクで公道デビュー!」の相棒となったジェベル125を改めて眺めてみると、結構サビや汚れが目立つので洗車してからサビをワイヤーブラシで擦ってタッチペイントしてみました。

まぁ目立っていたサビや油汚れ、泥汚れを落としてみれば多少は見栄えが良くなったような気がしますが、所詮は自画自賛。他人から見たら「なんかボロいなぁ・・・」と思われても仕方ないくらいの成果だと思います。

そこで手っ取り早く相棒の第一印象が良くなるよう、最初に目が行くヘッドライト付近をリペイントして印象を変えてみようと思い立ちました。

まずはヘッドライト本体を固定するリングの錆をディスクグラインダーのワイヤーアタッチメントで綺麗に落としてから、防錆に有効な亜鉛塗料のジンクスプレーシルバーで塗装し、同時にその外側のリングも同様に塗装しました。



クルマもバイクも人間に例えれば「目」に相当するヘッドライトは出来る限り大きく見せると好印象になるのは、最近の若い女性がカラーコンタクトで黒目を大きく見せたり、プリクラの「デカ目」補正機能なんかが大流行しているのをみれば明らかですね。(笑)

しかし塗装後にパーツを戻してみると思ったほど効果は得られませんでした。やはり塗装に使ったシルバーのジンクスプレーのつや消し具合が原因だと思われます。ここはヘッドライトのリフレクターと一体化して見えるように、ヘッドライト〜外周リングまでクロームメッキ仕上げにすれば一体化して見えて「デカ目」効果が得られたかもしれません。

ちなみに以前、市販されている「メッキ調スプレー」を使った事があるのですが、「多少輝きのあるアルミシルバー」程度の仕上がりで思ったほどメッキっぽくならなかった上、塗膜が弱くてすぐに色あせてしまったので、アマチュアが缶スプレーでメッキを再現するのは難しいと思います。(自分的には「あのスプレーを期待して使った人で仕上がりに満足出来た人はいるのか?」ってレベルのガッカリ商品という印象でした。)


(その2へ続く)



※ 当ブログの記事内容、及び 画像の無断使用と転載を禁じます。改造に伴う車体の故障、破損、人命に関わる事故や怪我などは全て自己責任でお願いします。改造によって車体売却時の査定額が下がっても当方では一切責任は持ちません。※



PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

■ 忍者カウンター ■

2015年6月21日 更新開始

■ 管理人プロフィール ■

HN:
ガトウ・ショコラ(GP02A)
性別:
男性
趣味:
DIY、バイク、クルマいじり
自己紹介:
画像はお気に入りのMS「ガンダム試作2号機」こと「GP02A」です。管理人はこんな険しい人相の大男。(苦笑)

しかし実は二匹の飼い猫を愛するネコ大好き男です。

このブログは50ccスクーター乗りから卒業して普通自動二輪免許を取得するまでのこと、そして125ccクラス最初の愛車となったスズキのトレールバイク「DJEBEL125(愛称ジェベ公)」へのDIYカスタマイズの記録を綴っています。




gogo.gs