忍者ブログ

SUZUKI DJEBEL ジェベル125 通勤快速化計画 -ジェベ公といっしょ-

マニュアルバイクの練習用として5万円という安さで手に入ったスズキの125ccトレールバイク「DJEBEL=ジェベル」。人生初のMTバイクで慣れないシフト操作に悪戦苦闘しつつも無事に免許を取得!その後は「ジェベ公」と愛称をつけてメンテナンス、自分好みにカスタムしていった記録を綴ったブログです。

さよなら、ジェベ公。その3

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 貯めたポイントを使って最安値でパーツを買うなら「楽天市場」■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

■ ■ ■ ■ ■ ↑ このバナーをクリックすれば別ウィンドウでバイク用品売り場へジャンプ出来ます ■ ■ ■ ■




×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




※ 当ブログの記事内容、及び 画像の無断使用と転載を禁じます。改造に伴う車体の故障、破損、人命に関わる事故や怪我などは全て自己責任でお願いします。改造によって車体売却時の査定額が下がっても当方では一切責任は持ちません。※



コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

さよなら、ジェベ公。その3

■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ 貯めたポイントを使って最安値でパーツを買うなら「楽天市場」■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■ ■

■ ■ ■ ■ ■ ↑ このバナーをクリックすれば別ウィンドウでバイク用品売り場へジャンプ出来ます ■ ■ ■ ■




(その2からの続き)

ネットの中古バイク検索をしたところ、2つ隣町のバイク販売店で売り出されていたXLR125Rを発見。色々検討してみた結果、このタイミングで地元からの出物が有ったのはチャンスだと考え、早速販売店に電話をしたところ、まだ売れていなかったので自分が購入したいと予約をしました。

その後、一度店に行ってXLR125Rの実車を確認。手付金を払った後、後日自分が引き取りに来るまでに整備をしたもらうことに決まりました。

とりあえず試しに跨がらせてもらうと、シートを新しく張り替えたばかりというXLR125Rはジェベル125よりもシートが若干高く、逆にハンドルは低く感じたので、まるで分厚い座布団に座ってハンドルを握って上半身だけを腕立て伏せしているようなポジションでした。自分が大柄な体格なせいなのかもしれませんが、これは今後ハンドル交換の必要がありそうです。

その後、納車日までの間に書類を用意して自分でピンクナンバーを取得する必要がありますが、125ccまでのナンバーは地元の市役所に行けば入手可能なので、販売店まではジェベル125で自走してそのままナンバーを外して廃車にしてもらい、帰り道は新しく交付されたナンバーを装着してXLR125Rで帰ってくることにしました。

そしてジェベル125につけていたナンバーを返納し、廃車手続き完了となります。これならば陸送費も掛かりませんし、納車費用としてのナンバー取得手数料なども無いので、自賠責保険1年、整備費込みの本体価格だけで済みます。

平日動ける人でなければ市役所にナンバーを貰いに行くのは難しいとは思いますが、自分は夜勤の仕事なので昼間は割と自由に動けるのがメリットです。

XLR125Rを店頭に引き取りに行く日が決まったので、それまでにジェベル125に自分で装着したパーツなどを取外し、最低限、公道を自走できるだけの装備にする作業があります。しかしその前に最後にジェベ公との思い出をデジカメで撮影すべく、海岸へと出かけました。





自分で決めたこととは言え、やはりマニュアル操作を練習するために苦労をともにした相棒ともう少しでお別れだと思うと寂しくなります。

そういえばこのジェベル125を売ってくれた前オーナー氏はジェベル200にステップアップした言っていたので、兄弟車への乗り換えならばそれほど寂しくなかったのかもしれません。

自分は出先で故障した時に直せるだけのスキルがまだ無いため、それほど遠くまでツーリングをしませんでしたが、前オーナー氏はジェベル125でテント泊をしながらロングツーリングをしたそうです。

実際に自分がオーナーになってみて分かったのは、ジェベル125はのんびりトコトコとマイペースで遠くに出かけたくなる「旅バイク」としての魅力が多くのユーザーに愛されているのが実感できました。目的地までの道中、高速道路をぶっ飛ばしていかに速く到着するかを目指すのではなく、気になる場所や美しい風景に出会った時にすぐに停まって佇むことが出来るのんびりしたスピードが似合うのがジェベル125のキャラクターなんだと思いました。 

黄昏時の海岸でジェベ公と一緒にデジカメで思い出の写真をたくさん撮影して気持ちの整理がついたので、バイク店での納車までに自分で装着したパーツを取外し、最低限自走できる状態にする作業に取り掛かります。

(その4へ続く)





※ 当ブログの記事内容、及び 画像の無断使用と転載を禁じます。改造に伴う車体の故障、破損、人命に関わる事故や怪我などは全て自己責任でお願いします。改造によって車体売却時の査定額が下がっても当方では一切責任は持ちません。※



PR

コメント

ただいまコメントを受けつけておりません。

■ 忍者カウンター ■

2015年6月21日 更新開始

■ 管理人プロフィール ■

HN:
ガトウ・ショコラ(GP02A)
性別:
男性
趣味:
DIY、バイク、クルマいじり
自己紹介:
画像はお気に入りのMS「ガンダム試作2号機」こと「GP02A」です。管理人はこんな険しい人相の大男。(苦笑)

しかし実は二匹の飼い猫を愛するネコ大好き男です。

このブログは50ccスクーター乗りから卒業して普通自動二輪免許を取得するまでのこと、そして125ccクラス最初の愛車となったスズキのトレールバイク「DJEBEL125(愛称ジェベ公)」へのDIYカスタマイズの記録を綴っています。




gogo.gs